アトピー性皮膚炎

中医学的なアトピー性皮膚炎の考え方と治療法

アトピー性皮膚炎は段階に応じた治療方法が必要です。

第一段階  急性発作を抑える

痒みや炎症は中医学では湿熱(しつねつ)や血熱(けつねつ)と考え治療します。ジュクジュクしている皮膚は湿熱とみて、治療には竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)や消風散(しょうふうさん)など清熱(せいねつ)利湿(りしつ)作用のある漢方薬を用います。カサカサして夜中に痒みが出る皮膚は血熱とみて、治療には生地黄(しょうじおう)・牡丹皮(ぼたんぴ)・山梔子(さんしし)・大黄(だいおう)など清熱(せいねつ)涼血(りょうけつ)作用のある漢方を用います。

第二段階  慢性症状の改善

いくら炎症を抑えても、皮膚を丈夫にしていかなければ新たな炎症がまた生まれます。アトピー性皮膚炎の基本は皮膚の乾燥。皮膚表面の外壁が弱く、刺激や異物を受けやすい状態です。
皮膚のカサカサ、皮がむける、皮膚が厚くなるなどの症状は中医学では血虚(けつきょ)風燥(ふうそう)とみて、治療には当帰飲子(とうきいんし)や十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)など養血(ようけつ)作用のある漢方薬を用い皮膚に潤いを与え皮膚を丈夫にしていきます。

第一段階の治療で皮膚の赤み・痒みが落ち着いたとしても、症状を繰り返さないためには第二段階の治療をしっかり行っていく事がとても重要です。

漢方館各店への
お問い合わせはこちら