ダイエットと鍼灸について

ダイエット当治療院では健康に痩せるということを大切に考えています

なぜダイエットをしようと考えたのでしょうか?「スリムになってキレイになりたいから」「健康診断で医者から痩せるように言われたから」理由は様々だと思います。

しかしどんな方法であっても 「キレイになりたくて痩せたのに体の中は負担がかかって冷えや肌荒れが出てしまった」「健康のために痩せたのにかえって体調を崩してしまった」のではせっかく努力したのにもったいないですよね。

当治療院では鍼による食欲抑制効果によりストレスを感じることなく、心にも体にも無理のないダイエットを提案いたします。内面の調和は自然と外面の美しさとなって現れてきます。健康でキレイな体を目指してダイエットを始めてみませんか?

中国式ダイエット鍼

中国鍼現在、上海では驚くほど多くの方がダイエットのために鍼を受けています。ダイエットの鍼は病院で行われており、来院されていた患者様からは「受けているとお腹が締まってくるの」「つい不摂生してしまうので夏の前には受けに来てるんです」という声が聞かれました。当治療院では上海中医薬大学の病院で実際に研修を行い、そこで行われている確かな方法をもとに爽快館独自のダイエットコースを作り上げました。

タイプ別 ダイエット

中医学で言う肥満とは「飲食物が身体の中で栄養やエネルギー源などの有益な物質に変化できず脂肪やむくみなどの余分な物質『痰湿(たんしつ)』として体内に蓄積した状態」を指します。体重が増加する(体に痰湿がたまる)原因にはいくつかありますが漢方館では大きく下の4つに分類しました。そしてその原因に応じてダイエット鍼の方法を変えていきます。

1.『熱量過剰タイプ』

胃に熱がたまっていて、食べても食べても胃の熱が食べ物をすぐに消化してしまうことで胃の中が空になり、すぐに空腹感を覚えて食べてしまい、その結果カロリーオーバーとなってしまうタイプです。

2.『元気不足タイプ』

胃腸の働きが低下することで低代謝となっていて、あまり食べていないのに太ってしまうタイプです。「水を飲んでも太ってしまう」と感じている方もこのタイプです。

3.『イライラタイプ』

ストレスからついつい食べ過ぎてしまうタイプです。ストレスがあると甘いものや辛い物をたくさん食べてしまうかたもいらっしゃるのでは?また、お菓子を手放せないという方によくよくお話を聞いてみると本人が気が付いていないストレスが隠れていることもよくみられます。

4.『お血(おけつ)タイプ』

有害物質がたまっていたり、血液の流れが悪くなっていることを中医学では?血といいます。「細胞に新鮮な血液が行きにくく、また、代謝の後の老廃物が上手く排出されないことで結果的に代謝が落ちているタイプ」です。肉食中心の食生活などで消化酵素が大量に消費され、代謝酵素が不足しているケースもあります。

これらはどれも身体のバランスがとれていないことによるものです。また、実際にはどれか一つのタイプというよりは複数のタイプを併せて持っているケースが多いです。

漢方館では単に体重を落とすだけではなく体重が増えた原因を見つけ出し、リバウンドをしない為の生活改善を含めた提案をしています。様々なダイエットを試してもなかなか体重が落ちないという方や長続きしないという方、どんなダイエットをしたらいいのかわからないという方、是非ご相談ください。

体重変化グラフ 鍼をしてからウエストサイズ・ヒップサイズが減り、体も軽くなりました。1ヶ月弱で-4kg落とせたので大変嬉しいです。夜の食欲を抑制できれば分かっていたがこれまで何もせずに意思だけではどうにも食欲に勝てませんでした。夜の食欲が抑えられたのはありがたかったです。そういえば、1ヶ月前痛かった膝と股関節の痛みが無くなっています。(Mさん)

指導されたとおり食事内容を変えていくと少しずつ体重が減っていくのでこれからも続けていきたいと思います。鍼を受けた後満腹感があって間食が減り、間食をしてしまった場合もその後の食事が沢山食べられなくなりました。(Yさん)

体重変化グラフ2

ウエスト-3cmになりました!もう少し続けたい気持ちです。(T.Yさん)
気がつくと間食をしなくなっていました。(Y.Oさん)
ダイエット鍼をして意識が変わりました。食事や運動、睡眠などの生活のバランスをつかめるようになるとなんだか楽しい!(Y.Oさん)
もともとの胃の痛みが軽くなりました。腹筋も少しついた気がします。(K.Gさん)

関連情報 - 漢方ダイエット