不安神経症(パニック障害)

不安を主症状とする神経症を、不安神経症といいます。不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。なお、従来の不安神経症にあたる診断名は、現在では「パニック障害」か「全般性不安障害」といいます。

パニック障害は急性・突発性の不安症状が特徴ですが、全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くのが特徴です。ここではパニック障害について解説します。

原因

まだよくわかっていませんが、心理的なものではなく、脳機能の異常によるとされる説が有力です。過労、睡眠不足、かぜなどの身体的な悪条件や、日常生活上のストレスなども、発症や発作のきっかけになることが知られています。

特徴

・特別な原因やきっかけなしに急性に発症し、パニック発作を繰り返します。
・不安のため一人で外出したり乗り物に乗ることが困難になったり(広場恐怖)、発作のない時も、また起こりはしないかと恐れる不安(予期不安)があります。

症状

・動悸
・胸の詰まったような感じの苦しさ
・息苦しさ
・眩暈
・冷感
・震え
・手足のしびれ感
・頻尿
・腹痛、下痢
・吐き気
・耳鳴り

などといった症状があります。

西洋医学的治療法

・薬物療法(抗不安薬や抗うつ薬)
・認知行動療法

中医学的な不安神経症の考え方と治療法

多くの場合、心・肝・腎・脾に問題があります。例えば、興奮しやすく、疲れるのに眠れないという場合には酸棗仁湯を用います。眩暈があり、動悸がして眠れない、口が乾いて手足がほてるという場合には天王補心丹を用います。喉が詰まったように痞え、吐き気があるという場合には半夏厚朴湯を用います。動悸がして、食事がおいしくなく太れない、手足が抜けるようにだるい、そして小さなことが気になって眠れないという場合には、心と、脾を同時に整える帰脾湯を用います。

漢方館各店への
お問い合わせはこちら