肥満

現代医学からみる肥満

肥満は、内分泌異常・代謝異常によって引き起こされる以外は、日常生活における食事の摂取の仕方に問題があり、カロリーの摂取過剰が原因の場合が主になります。 要するに、過食により、その日の摂取エネルギーが消費エネルギーよりも多い場合、残存するカロリーが肥満につながると考えます。 ですから、肥満の原因となる病変さえなければ、一般には、過食が最大の原因であります。

肥満は、一次性肥満と二次性肥満とに分けて考えられます。一次性は、体質・遺伝的なものが深くかかわり、二次性は、後天的に食事量の過食などにより起こるものとされています。  

治療方法

1)食事療法:カロリー制限  
2)運動療法:毎日欠かさぬ運動、運動後の摂食制限  
3)精神療法:食欲中枢抑制  
4)薬物療法:入院観察が必要

1.甲状腺ホルモン:チロキシン、トリヨードサイロニン
2.食欲減退剤  :アトロピン

統計の示すところによりますと、太っている人は標準体重の人に比べ、糖尿病・高血圧・ 動脈硬化・心臓病・痛風・肝臓病・胆石・骨や関節など色々な病気にかかりやすいです。 肥満の原因は、きわめて特殊な場合(視床下部に腫瘍があって食欲が異常に亢進してしまうとか、ホルモン系治療薬の使い過ぎ)を除いて、単純明快で、要するに、食べ過ぎと運動不足が二大原因です。

現代医学でも、治療は、減食療法が基本です。しかし、これが非常に難しいのです。食欲は、人間の欲望のうちでも最大の欲であるため、これを規制するのは、きわめて困難です。かなりの自覚を持つことが大事です。治療のポイントとなります。

中医学から見る肥満はこちら

漢方館各店への
お問い合わせはこちら