子宝治療の方へ特別キャンペーン

♪夫婦で取り組む妊活キャンペーン♪
妊娠は女性側の影響が大きいと一般には思われていますが、実は男性側の要素も重要です。
2010年にWHOは男性不妊の割合が48%(男性のみに原因24%・男女ともに原因24%)と発表しています。
また、1998年から2011年の間で、男性の精子の数と運動率は全体で20%も下がっていて、これは潜在的な「男性不妊症」予備軍が増えていると言えます。
女性の妊娠年齢が上がると卵子の質が悪くなり、それが不妊症の要因と言われていますが、実は男性も女性と同じように、加齢によって精子の質が悪くなっているのです。
男性の年齢が上がると自然流産の率が上がるという報告もあります。
ご夫婦でしっかりと妊活に取り組む事がお子様を授かる近道と言えます。
漢方館ではスタッフがご夫婦それぞれの体質や年齢を踏まえた治療を行っております。
まずはご自身の身体を知る事から始めてみませんか。お気軽にご相談下さい。

多く寄せられるご相談ランキング

誠心堂グループ主催セミナーのお知らせ

更年期 女性ホルモンを上手に活用する
「女力~おんなぢから~アップセミナー」
 浅草橋 12/2(土)

妊活 誠心堂の妊活セミナーが新しくなりました
「~育むチカラを養う~妊活セミナー」
浅草橋 12/2(土)  津田沼 12/16(土) 誠心堂30周年記念参加費無料(年内まで) 

人相学 スクール開校!健康の輪を広げる人になる。
「五行人相アドバイザー初級コース」受講生募集中!

中医学 大人気の中医学講座開催中!
中医学健康セミナー in 三軒茶屋 12/6(水)『エイジングケアと中医学』
『ツボDE健康』講座 in 学芸大学 12/13(水)
ハーブでおなじみのカリス成城さんで中医学講座『東洋医学で体質別ケア』講座 inカリス成城

誠心堂グループでは女性を応援するセミナーを各地で行っております。セミナーの詳細はこちらをご覧下さい。→ 誠心堂セミナー 一覧

グループチケット

不妊症と漢方薬について

日本で不妊症に悩むカップルは30万組以上と言われています。そのうち、西洋医学の高度医療によってお子様が授かるのは約半分の15万組だそうです。私たち漢方薬専門家にご相談いただくのは、残りの15万組の方です。西洋医学で難しいものは中医学でも簡単ではありません。しかし、中国医学の弁証論治(中医学独自の処方システム)を用いた漢方薬により2016年も372名もの子宝実績を挙げることができました。是非、多くの方にこの体験を広げていきたいと我々は考えています。

今月のお悩み相談コーナー

不妊治療において漢方と鍼灸を一緒にすることのメリット

不妊治療をしている方々に漢方や鍼灸の良さが周知されてきました。
病院で高度医療をうけながらも、漢方と鍼灸で体質を整えることで、卵子の質や子宮内膜の質、精子の質を良くし、妊娠率が上がってきます。

漢方と鍼灸を一緒に使用することの1番のメリットは卵巣、子宮、精巣に質の良い血液を安定して届けることです。

漢方を毎日飲むことで栄養や酸素を多く含んだ質の良い血液を増やしてくれます。
鍼灸はその栄養が豊富な質の良い血液を、鍼や灸で下腹部や骨盤を刺激することで、卵巣、子宮、精巣に送ることができます。

西洋医学のホルモン剤や東洋医学の周期療法も卵巣、子宮、精巣に血液があるので効果が出ます。
その為、漢方と鍼灸で卵巣、子宮、精巣に安定した血液量を確保することが重要です。

これまで、病院治療、漢方、鍼灸の1つしか、やっていらっしゃない方は、是非、漢方と鍼灸の併用治療を試してみてくださいね。

病態とおすすめの漢方