尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

乾癬は、その臨床的所見から「尋常性乾癬」、「膿疱性乾癬」、「関節性乾癬」などに分けられます。“尋常性”とは“普通の”という意味で、尋常性乾癬の患者さんが、乾癬の90~95%を占めています。

乾癬は年をおって増加傾向にある、完全に治療が難しい皮膚病です。従来欧米人に多く、欧米では人口の約2%が本症の患者と言われています。我が国ではかつてまれな病気でしたが、近年、食生活の変化、特に動物性脂質を取ることが多くなるにつれて、この病気が増えています。現在は、皮膚科外来患者の1~2%を占めるといわれています。

この病気は、炎症性角化症の1つに分類されます。その症状は、境界鮮明な赤い発疹とその上に銀白色の鱗屑(りんせつ)(皮膚表面の角質細胞が剥がれ落ちたもので、フケのようなもの)が見られ、皮膚を剥がすと点状の出血が見られます。初めは頭にできることが多く、長い間フケと勘違いしている方も多いようです。頭部のほか肘頭、膝蓋、臀部など、継続的に外部から刺激を受けやすい部位によく出ます。痒みは個人差があり、強い発疹の割には痒みが少ない場合が多いですが、ひどく痒みがある場合、全く見られない場合、さまざまです。

乾癬の原因はまだはっきりわかっていませんが、遺伝的素因を持っている方が、なんらかの環境因子(かぜをひく、日光にあたりすぎる、など)を受けることによって発症すると考えられています。その病態は、

1. 血管の炎症
2. 表皮の細胞分裂が異常に活発になる

という2点です。そのため、乾癬では、皮膚の入れ替わりが普通の皮膚の2~4倍の速さになっています。

漢方館各店への
お問い合わせはこちら