漢方とは?

私たちの日常生活のなかに広く浸透している「漢方」は、「中医学」と呼ばれる中国の医学が日本に伝わり、日本人の体や生活に合うように長い歴史の中でアレンジされたもので、中医学が基本となっています。

中医学は、「個々の症状や体質などをあらゆる方面から診断し、自身が持つ力をできるだけ引き出して病気を治す力を高める」という考え方に基づいています。それは現代のような検査機器などもないなか、人間の持つ五感を活用した「四診」という方法を用いて体の状態を診断し、漢方薬(湯液)や針、灸、食事などで治療を行ってきた経験医学です。「四診」というのは、患者の主訴、病歴、病状を聴く「問診」、脈や体の状態を触れて診断する「切診」、顔色や舌、皮膚などを診て診断する「望診」、声や匂い、呼吸音など嗅覚や聴覚を使って診断する「聞診」を合わせた呼び名です。

中医学の特徴は「個を重視した医療」にあります。西洋医学では治療の際、病名や検査データをもとに治療を行いますが、中医学では病名ではなく、体に現れるさまざまな状態を総合的に考える「証」をもとに治療法を決定します。
例えば、「痛み」を治すとき、西洋医学では消炎鎮痛剤を使いますが、中医学では痛みがあるその人の、冷えや熱感の有無、元気の有無、その他様々な状態に鑑みて治療法を決定します。一見、大変そうですが、個人の体質により適した治療を行うことが可能なので、さまざまな疾患や症状に対応できるのです。

また、中医学の考え方は、病気になっている状態「既病」のみならず、発病する前の状態「未病」を治すことができます。中医学の疾病の原因は「本虚標実(ほんきょひょうじつ)」と考えています。「本質が虚。標(表)が実」つまり、症状は自覚するものですが、その根本には本虚、つまり体力の低下や内臓の弱りがあります。漢方薬は、薬のなかで唯一体質を強くすることで病気を治す働きがあります。だから、未病の段階で使えるのです。薬物の治療だけではなく、食事や生活習慣などの養生法までもが確立されているのです。

中医学で重視される健康のバロメーターとなる3要素

飲食物や呼吸から生成される「気・血・津液(水)」

 

【要素1】 体を循環している重要な気・血・津液

健康かどうかを診断する際、西洋医学では血液や尿の検査などを行い、基準値に合っているかどうかをみます。

一方、中医学では、3つのカテゴリーで判断します。そのひとつが、「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」というとらえ方です。

「気」は、体の活力やエネルギーをあらわしますが、この気が不足したり滞って円滑に流れないと、疲労や栄養不足、新陳代謝の低下、イライラや精神衰弱などを引き起こします。

「血」は、文字どおり血液をあらわしますが、これが不足したり流れが滞ると、生理不順や生理痛、貧血、頭痛や肩こり、冷え、便秘などが起こりやすくなります。

「津液」は、唾液や汗やリンパ液など血液以外の体液をあらわし、全身にスムーズに流れずに流れないと、肌のたるみや髪のツヤ不足、口内の乾燥、アレルギー、ぜんそくなどを招きやすくなります。

体内で、この3つのどれかが不足したり、あるいはスムーズに流れず滞ってしまうと、健康が損なわれているとみます。ですから、気・血・津液が常に前進をバランスよく循環するために、病気になっていなくても、ふだんから漢方薬を飲んだり生活習慣の改善をして、「養生」するという考え方が中医学の基本であり、いまも人々の健康意識に深く根付いているのです。

【要素2】 内臓のバランスをみる五臓

西洋医学では、五臓というと臓器そのものをさしますが。中医学では、肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん)に分けられ、臓器そのものだけではなく、それらの各々の働きも含めた広義な意味としてとらえられます。

例えば、肝を例に挙げてみましょう。肝は、視覚や自律神経、胆のうとのつながりが深く、気や血のめぐりを良くする働きをするとされます。この肝が弱ってしまうと、生理不順になったり、イライラやうつなど精神の安定を欠いてしまうのです。

このように、各五臓の調和が損なわれると、さまざまな病気が起こりやすくなりますので、気・血・津液のバランスと同様に注意が肝心です。

【要素3】 すべては陰と陽で構成されている

古代中国の思想において、この世の万物はさまざまな観点から「陰(いん)」と「陽(よう)」の2つに分けられ、この2つが対になって成り立っていると考えられています。人間の体も、おなか側(陰)と背中側(陽)、五臓(陰)と六腑(陽)の対で構成されているとみられ、なにかの原因で陰と陽のバランスがくずれると、体調を損なうとされています。また、すべての食べものも陰と陽に分けられ、どちらか一方のものを摂り過ぎてはいけないといわれます。

上記のことからわかるように、人間の体は、常に3つの要素がすべてバランスよく保たれていることが大切であり、これらの要素が健康を測るバロメーターになっているのです。


夜 月 女性 五臓(肝・心・脾・肺・腎)おなか 豆類 海藻 野菜 乳製品 酒 たばこ など


昼 太陽 男性 五腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱)背中 貝類 肉 魚 卵 しょうゆ 味噌 自然塩 など

五臓の基本となる五行説

中医学における「五臓」は、古代中国の哲学である「五行説(ごぎょうせつ)」が基本になっているとされています。

五行説とは、万物は、木・火・土・金・水という5つの元素から成り立ち、各元素が順々に次の元素を促したり、損なわせたりと、作用・反作用を繰り返しながら循環している関係であるという考え方です。

わかりやすく例を挙げてみましょう。木をこすると火が発生します。火が燃えた後には灰が残り、土に還ります。そして、土から金(鉱物)が生まれます。金には水がたまり、その水はやがて木を育てるというサイクルです。これは五元素の作用を促進させるための良い関係ですが、逆に、水が火を消してしまい、火は金(鉱物)を溶かし、金(鉱物)は木を傷つけ、木は土に根付いてしまい、土は水をせき止めるという反作用、つまり押さえる関係も生じると考えられます。

五臓も、この五行説にあてはめられるとされ、各臓器やその働きを促したり制御したりするという関係が成り立ちます。

五臓の作用・反作用


【関連する器官】 目、筋、自律神経、胆のう。
【働き】 栄養分の分解や貯蔵、血流・視覚系の調節、精神の安定、運動神経系の調節。
【起こりやすい症状】 頭痛、ストレス、怒り、精神不安、爪のトラブル、生理不順、思考力低下、過敏性腸症候群など。


【関連する器官】舌、脳、血管、小腸。
【働き】血液の全身への循環、感情や思考を司る、気の巡りの安定、心臓機能の調整。
【起こりやすい症状】動悸、不整脈、心臓病、不眠、思考力低下、言語や思考を司る高次神経機能の低下など。


【関連する器官】口、胃腸、四肢、血管壁。
【働き】消化吸収、栄養分と水分の循環、味覚や食欲の調整、筋肉への栄養。
【起こりやすい症状】消化不良、食欲不振、口内炎、口角炎、下痢、疲労、出血過多、手足のむくみなど。


【関連する器官】鼻、呼吸器、皮膚、大腸。
【働き】呼吸機能、気や津液の生成と調節、体温調節、免疫。
【起こりやすい症状】風邪、アレルギー疾患、息切れ、ぜんそく、代謝・排泄機能の低下、免疫力の低下など。


【関連する器官】耳、腎臓、膀胱、生殖器。
【働き】生殖・発育を司る代謝のコントロール、知覚・運動系の発達と維持。
【起こりやすい症状】不妊症、生殖力の減退、骨粗鬆症、頻尿、知能・発育の不全、老化など。

あなたの体質を中医学的に診断!

次の1~7の各囲みの質問を読み、該当する症状があるか、チェックしてみましょう。

チェック1

なんだか疲れやすい
食欲不振である
胃腸が弱い
息切れをしやすい
朝、起きることができない
少し動くだけで汗が出る
カゼをひきやすい
冷え症である

チェック2

生理が乱れやすい
ため息をよくつく
生理前になると乳房や下腹部が張る
下痢と便秘を繰り返す
ゲップやおならが出やすい
イライラをため込みやすい
眠れないことが多い
気分によって食欲にムラがある

チェック3

血色が悪い
肌や髪にツヤがない
抜け毛や白髪が多くなってきた
爪がもろく割れやすい
めまいや立ちくらみがよくある
ひんぱんに動悸がする
手足がしびれることがある
目がかすんだり疲れる

チェック4

顔や唇の色が黒ずんでいる
顔にシミやクマが出やすい
湯船にゆっくり浸かれない
肩こりや頭痛が慢性的にある
生理痛が酷くレバーのような経血の塊が出る
便が黒ずんでいることがある
関節が痛いことがある
動悸や不整脈がある

チェック5

頬部が赤っぽい
肌が乾燥しやすい
のどが渇きやすい
夜中にトイレに数回行く
のぼせやほてりがある
寝汗をよくかく
寝不足の日が多い
辛いものをよく食べる

チェック6

顔色が青白い
寒がりである
手足がいつも冷たい
特におなかや下半身が冷える
冬場でもスカートや薄着が多い
水泳をしている
下痢をしやすい
冷たい飲み物・料理は苦手である

チェック7

肌は脂性で吹き出物が出やすい
太りやすい
体が重たく、いつもだるい
むくみやすい
冷たいものをよく摂る
口の中がよく粘つく
痰が出やすい
いつも眠い

チェックした項目が1に多い→ 気虚(ききょ)タイプ
チェックした項目が2に多い→ 気滞(きたい)タイプ
チェックした項目が3に多い→ 血虚(けっきょ)タイプ
チェックした項目が4に多い→ オ血(おけつ)タイプ
チェックした項目が5に多い→ 陰虚(いんきょ)タイプ
チェックした項目が6に多い→ 陽虚(ようきょ)タイプ
チェックした項目が7に多い→ 痰湿(たんしつ)タイプ

あなたの体質はどのタイプ?

チェックした項目のうち、多く含まれるタイプが、あなたの体の状態をあらわしたものです。あなた自身の体の特徴を知ることで、自分の体に合った症状の改善や食材のチェックに役立てて下さい。

気虚タイプ

このタイプの特徴
あなたは体のエネルギーとなる気が足りていないため、いつも元気が出ない状態のようです。また、消火器や免疫機能も弱りやすいため、倦怠感やアレルギー病があり、風邪もよくひくのです。

日常生活のポイント
体を温めて代謝を良くしましょう。消化の良い食べ物を取り入れることも大切です。

気滞タイプ

このタイプの特徴
エネルギーとなる気は足りているのですが、流れが悪い状態です。気の巡りを調節する働きも鈍っているので、生理前になると胸やおなかが張ったり、イライラしたり、自律神経のバランスが乱れやすくなります。

日常生活のポイント
自分流のリラックスできる方法を探しましょう。香りのある食材(果物・お茶・野菜)は気のめぐりを改善し、ストレスを発散させる働きがあります。

血虚タイプ

このタイプの特徴
体内に血(栄養)が足りていない状態です。なかでも無理なダイエットを行っている方は、特にこうした症状に陥りやすく、ひどくなると貧血や精神失調も引き起こす可能性があります。

日常生活のポイント
睡眠を十分とり、激しい運動は控え、朝食は抜かずにきちんと食べることです。また、血を補う食材も積極的に摂り入れましょう。

オ血タイプ

このタイプの特徴
血液が全身にスムーズに循環していないため、末端まで栄養が行き渡らず、老廃物もたまってしまっている状態です。それが原因で、ひどい生理痛や頭痛、肩こりなど、痛みの症状もあらわれると考えられます。

日常生活のポイント
定期的な運動や湯船にゆっくり浸かって血行を促すようにしたり、血液をサラサラにする食材を摂るように心がけましょう。