子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

現代医学的考え方・治療法

「子宮内膜症」は、子宮内膜あるいは内膜と類似した組織が何らかの原因で子宮壁(筋肉組織)の中に入り込んで増殖する「内性子宮内膜症(腺筋症)」と、卵巣や直腸など子宮の外側の場所に移植して増殖する「外性子宮内膜症」の二つのタイプがあります。

「外性子宮内膜症」の場合、多くみられるのが卵巣の子宮内膜症で、まれには肺や胸膜など子宮と離れた場所にできることがありますが、その原因はまだ解明されていません。

できた場所や進行状態によっても違いますが、主な症状はひどい月経痛です。他に月経過多、排便痛、性交痛などが上げられます。年代別にみると、30~40代の女性に多く見られ、一度治っても繰り返し、不妊症へとつながるケースも多いので注意が必要です。

治療には大きく分けて薬物療法と手術療法の2つがあります。

【薬物療法】

子宮内膜症は、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)によって、病状が進行します。薬物療法では、卵胞ホルモンの分泌や働きを抑えるホルモン剤を使い、月経を一時的に止めて 病巣を小さくします。 この薬を服用中には妊娠を期待することは出来ません。痛みの軽い場合は、鎮痛剤のみで経過をみます。

【手術療法】

病状が進行している場合に行われます。将来、妊娠を希望する場合は卵巣や子宮を残し、病巣のみを取り除きます。腹腔鏡を使って行われる事が多く、身体の負担も少ないのですが、およそ3割の患者さんは再発をします。妊娠の希望はなく、閉経までまだ期間が長い場合、女性ホルモンを分泌する卵巣機能の正常な部分のみを残し、子宮を摘出する場合もあります。閉経間近の患者さんの場合、子宮、卵巣、卵管を全て摘出します。  

再発はなくなりますが、更年期障害のような症状が出ることがあります。

中医学的子宮内膜症のタイプと治療法

中医学では、子宮内膜症は子宮内膜異位症とも言われ、本来あるべきではない位置に子宮内膜が増殖し、生理のように剥離・出血をくりかえす病態で、出血した血液の行き場がないところに問題があります。この状態を中医学では「オ血(おけつ)」といいます。(身体の中の血がどこかで滞っている状態です)

子宮内膜症の症状は主に生理痛などの激しい腹痛です。 基本的な原因は、気血の流れが悪くなり、オ血(おけつ・血の滞り)が出来るためです。子宮内膜症の主な原因である「血の滞り」は、大きく分けて、以下の三つに分かれます。  

1. 気滞血お : 気の流れが滞りその結果として血が滞る  
2. 寒凝血お : 寒邪(冷え)が身体に侵入し血が滞る
3. 気虚血お : 気を流す力が弱く気滞を生じ、その結果血も滞る

1.気滞血お

症状 : 精神的ストレス、イライラ、下腹部の張痛。生理の時、血の塊が出ると痛みが軽くなる。
治療 : 「気」の流れを改善して、心身をのびやかに保ち、血行を良くする治療をします。
漢方 : 血府逐お湯

2.寒凝血お

症状 : 手足の冷え、寒がり、薄着、生ものや冷たいものの飲食を好む。生理痛は暖めると軽減する
治療 : 身体を温めて血流を良くする治療をします。
漢方 : 少腹逐お湯、温経湯

3.気虚血お

症状 : 体力がない、すぐ疲れる、やせ型、胃下垂、虚弱体質
治療 : 体力をつけ、血行をよくする。「気」を補って血流を正常にする治療をします。
漢方 : 補中益気湯、四物湯

なお、子宮内膜症は、下腹部痛以外にも、生理の量が多くなる・生理の期間が長くなる等で出血が多くなる場合もあります。その際、生理中は、必要以上に出血が多くならないようにする配慮も必要ですし、生理中とそうでない時では、治療法も違う場合があります。

漢方館各店への
お問い合わせはこちら