黄体期の相談

黄体期には

受精卵の着床環境を整えよう
黄体期(周期後半の約2週間)は、子宮内膜に再生された分泌腺の働きにより、栄養に富んだ分泌液(子宮ミルク)を蓄え、受精卵が着床・発育しやすい環境を整える時期です。黄体ホルモンの作用により、子宮内膜への血液の供給が加速し、エネルギー代謝が高まるため、基礎体温が月経期・卵胞期より0.3~0.5℃高くなります。安定した高温期を維持し、受精卵の着床・発育を助けるために、温補腎陽の薬を用います。

代表的な漢方薬