糖尿病

糖尿病は、全世界の中で最も死亡率の高い四大疾病の一つです。年々増加の一途をたどっている糖尿病患者は、現在全国で推定600万人、糖尿病予備軍もあわせると1200万人以上いるといわれています。特に中高年の人は油断大敵。身近な病気である糖尿病についてご紹介します。

【日本人に多い非インスリン依存型】

糖尿病には大きく分けると、インスリンの分泌量がほぼ枯渇している「インスリン依存型糖尿病」と、インスリンの分泌量が少なかったり、動きが悪くなったりしている「インスリン非依存型糖尿病」の2つのタイプがあります。

日本人の場合は、90パーセント以上の人が「インスリン非依存型と糖尿病」で、インスリンの働きを悪くするような、さまざまな因子が重なった場合に発症します。

インスリンの働きが悪くなることを「インスリン抵抗性」といいますが、その要因として、食べ過ぎや砂糖・動物性脂肪のとりすぎといった食習慣、肥満や加齢、運動不足、ストレスなどが挙げられます。

この中でも特に注意したいのが、肥満です。肥満になって、脂肪がたくさんたまって大きくなった脂肪細胞は、インスリンがきかなくなります。また血中に放出される遊離脂肪酸が多くなると、細胞内にブドウ糖(グルコース)を取りこんで、エネルギー源にするためのインスリンの働きを悪くさせます。

インスリン非依存型糖尿病は、35歳以上で肥満タイプの人の発症率が高くなっていますから、ふだんからチェックするようにしましょう。

肥満かどうかの判定は、「標準体重(kg)=<身長(cm)-100>×0.9」または「標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22」で計算し、その標準体重のプラスマイナス10パーセント以内が正常値とされています。

標準体重よりも20パーセント以上オーバーしている人は特に要注意。食生活を改善するなど、早めの予防が肝心です。

漢方館各店への
お問い合わせはこちら